愛用トラックボールM570 ボタン故障の修理 コンタクトスプレーでチャタリング解消

7年前から愛用しているロジクール
トラックボール M570
ここ1ヶ月左クリックボタンの連続押し反応がひどすぎて使い心地が悪い。
文字コピーするときの指定がやりにくい
チャタリングという症状らしい
現行M570tか、新機種MX ERGOに買い替えを考えたが、一度修理してみようと挑戦

確かスイッチ部品の交換とかが対処法だったかと思いながら調べてみると、接点復活液で症状改善の修理記事を発見。

パソ活ラボ ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ)http://pasokatu.com/14671
手順も詳しく書いてあります、感謝

必要なもの
①星型ドライバー トラックボールケースの分解に必要、該当ネジ5箇所
②KUREコンタクトスプレー(接点復活剤)チャタリング症状解消に必要

星型ドライバー

カバー固定ネジを外す星型ドライバーも持ってることだし、近くのホームセンターに行って『KUREコンタクトスプレー』を購入

KURE556は持ってるけど記事には使用しない理由も書いてあり、迷わずコンタクトスプレーを購入

分解する際のネジ場所もわかっているのでカバー取り外し
電池スペースの下にある隠しネジ注意
M570ネジ箇所
該当のボタンのスイッチ部分にスプレーして、カチカチと押し込むこと50回
途中で再度スプレーして注入
スプレー液がスイッチボタン以外に掛からないように布やティシュで覆っておくこと


スプレー処置5分、組み立て数分と全部で15分程で完了

【結果】
チャタリング症状、改善しました♪
M570まだまだ愛用できそうです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。