年金■iDeCo イデコ解説本はどれがよいの?『はじめての確定拠出年金』朝倉智也

iDeCo申込前に心配性のため、いろいろ調べるため
かれこれ、10冊は確定拠出年金の本を読んだ。

iDeCoメリット、デメリット。60歳まで受け取れないが、節税的にはどうなの?
運用する金融機関や、その商品組み合わせ等など、心配性のため読むだけ読んだ

そのなかでオススメはこれ♪

『企業型&個人型はじめての確定拠出年金』朝倉智也 学研プラス
2016年5月発行と2年前のものになり、まだイデコiDeCoの表記でなく個人型確定拠出年金だ。
見開き2ページごとの説明はわかりやすく、カラー図解も理解を進めるのに役立った。

この著者は文庫本タイプでも2017年1月にiDeCo本を出している
「iDeCo」で自分年金をつくる 祥伝社
こちらは紙面サイズやレイアウトも文章メインなので読みやすさでは負ける。
だが金融機関、商品はこちらが多く掲載されており、最後は実際にSBI証券の商品でポートフォリオが組んである。
iDeCoのことはだいたい分かってるけど、運用するなら実際どう商品を組んでいくのかを知るのによい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。