確定申告 インフルエンザ予防接種は医療費控除に含まれますか? ダメ? セルフメディケーション税制ならどう??

まずは結果 インフルエンザ予防接種は控除されず(泣)

確定申告の時期、医療費レシート集計に奮闘している人も多いでしょう。さて、確定申告では所得の控除額増加が一番効果的だが、医療費控除も効果が大きい。

問題は医療費の場合10万円超えた分からとなるのだが、医療費せいぜい数万円。年配の方は通院も増えるが、そうでないなら10万円を超えるのは難しいかと。

まあ医療費が少ないのは健康でいいことなのだが、10万円までもう少しの場合は気になりますね。

さて、インフルエンザ予防接種は病院で5千円前後ですが、家族全員受けた場合は4名で約2万円。これは医療費控除に入るのか調べてみたら、結果はダメ。

ええっ、インフルエンザにかかっての通院薬代と何より周囲に病気を拡散してしまうことになる方がよっぽど費用大きいと考えるが、税務署的には病気にならないための予防は医療費の扱いにはなりません。残念。

でもレシートは役に立たない訳でもなく、数年前から始まった『セルフメディケーション税制』適応条件としてはありです。

『セルフメディケーション税制』 とは

参考 日本一般薬医薬品連合会
https://www.jfsmi.jp/lp/tax/

健康の保持増進及び疾病の予防として一定の取組を行っている方が、当年中に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために12,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、「セルフメディケーション税制」(通常の医療費控除との選択適用)を受けることができます。

上記の一定の取組にあたるのが健康診断やインフルエンザの予防接種になるので、それには使えます。ちなみに確定申告する本人が予防接種してないとダメです。

対象医薬品は、医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、薬局やドラッグストア等で購入できる医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)とされています。ビタミン剤もあるのでドラッグストアで買ったりしている人はいけるかも。

ビタミン剤ではアリナミンEXゴールド、キューピーコーワiプラス、ユンケルB12アクティブα など揃っています

アリナミンEX ゴールド(セルフメディケーション税制対象)(90錠)posted with カエレバ楽天市場Amazon

家庭の常備薬でもカゼ薬 ベンザブロックLとか、肩こり腰痛薬、さらには禁煙補助剤ニコレットは家族が禁煙する場合にはお薦め

購入するときに12,000円のラインを考えて購入するのも良いかと思います。

今年は医薬品、健康のためにも活用してみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。