絶望した■ドコモ新プラン『ギガライト』これで40%下がる? 結果、たったの4.5%減(泣)、さらに長期ユーザメリットも激減。これならMNPしたほうが良い

ドコモ新料金プラン 全然価格破壊していません。ソフトバンクに並んだだけ。

4割下げましたとニュースに出してるのは、 『ギガホ』 6,980円が下記*2,000円引で4,980円。

*ファミリー割引適応3回線以上1,000円引。そしてドコモ光の利用で1,000円引。

『ギガライト』
2980円(1GB~)。これもファミリー割引1,000円適応されるとデータプラン2GB 3,500円が4割引の1,980円♪

そう、家族でキャリア違う場合や単身で1回線契約者は安くなってない現実。


ファミリー割引適応3回線以上1,000円引 での価格グラフ

現在、 毎月料金は4,900円 (税込5,292円)

内訳 カケホーダイライトプラン1,700円+SPモード300円+データSパック2GB 3,500円

「ギガライト」 1GB~3GB未満3,980円 +カケホーダイライト700円 合計4,680円(税込4,914円)

ええっ5%しか安くなってませんけど。4割引はどこにいったーーー
それにドコモWITH割を使用すると4,900ー1,500=3,400円 税込3,672円と安くなるのだが、
新プランはWITH割も無くなるので、それと比較すると37%値上がりになる・・・

■使用状態

通信量だが外で動画はほとんど観ない。WEBブラウザ位だが毎月1GB越えは普通。4週目には2GB超える時もある。

「ドコモ ギガライト」2,980円(データ使用1GB未満)

データ1GB~3GB未満3,980円、3GB~5G未満で4,980円、7GBまで5,980円。それを超えると通信速度制限になり最大128kbps
えっ、絶望した。大量に使うと、激遅回線それはドコモギガライト(泣)
ドコモ公式ページでも5GB超えるなら、ギガホ(30GB)を選択したほうがお得と表示

ドコモは3回線以上が7割を占め、そこが割引を感じられるようにしたとコメントあるが、1回線のユーザーは安くなってませんから、まずは現行と新プランを比較しておくのが大事

長期ユーザーメリットが激減

現在、「ずっとドコモ割」15年超のプラチナステージ月600円引きなので年間7,200円分の割引となる

データSパックは2018年5月で新規受付終了。現在はベーシックパック3GB4,000円となる(これもプラチナステージは600円割引)

新プランは「ずっとドコモ特典」 契約者の誕生月にポイントプレゼント

『プラチナステージ』 は3,000ポイントだが、7,200円分の割引に比べて半減している。

■ずっとドコモ特典 ステージ毎
プラチナ:3,000ポイント
  4th:2,000ポイント (10年超~15年未満)
  3rd:1,500ポイント
  2nd:1,000ポイント
  1st:500ポイント

長らくドコモユーザーだったが、いよいよ他キャリアへの移行を考えてみる。

昨年、ドコモで機種変更した記事

過去記事
docomo 年度末の大盤振る舞い♪機種変更するよ

https://takami208.net/2018/03/21/post-14/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。