子供自転車故障!?前輪のハンドルが効かない、曲がらない【修理編】

子供の自転車デビューでは、2~3歳位にちょうどよい『ストライダー』

ストライダーの良いところは、スピードが出る。
そのため助走してからバランスをとって走る距離が稼げる
→再度助走してスピードを上げる、走る。
この繰り返しで自然と子供が自転車でのバランス感覚を掴みます。

ストライダーは前傾姿勢も取りやすく
近所3歳児の高速移動を見ると、そんなにスピード乗るのかとびっくり。

そして体が大きくなるとペダル付きにステップアップ。
自転車で走るバランス感覚の下地が出来上がっているので、ペダル付きも乗り慣れるが早いです。

まあストライダーは2万円程と値が張るので、
1万円以下である値段手頃な「ペダルなし自転車」を利用しています。
振り返ってみれば、週1回乗るならストライダー購入していても良かったなと思います。

「ペダルなし自転車」も基本同系統なのですが、前傾姿勢走行はそこまで対応しておりません。
スピード出過ぎないので歩いてついていく親としてはちょうど良いです。

上の子がペダル付きにステップアップして、下の子はペダルなし自転車を乗ってます。

ある日、使おうとするとハンドルがきかない。
具体的にはハンドルが固くなって、前輪が操舵できません。
ハンドルが動かん・・・

これは故障して買い替え!?
でも半年か、早ければ数ヶ月で「ペダル付き」にステップアップするし
できれば直して乗りたいねと現物を調べます。

ハンドルを外してみるが特に異常なし。
その下を調査へ進めます。

ハンドルがついてるパイプ、前輪のフレームとの接続箇所のベアリング故障です。

ベアリング上の丸い金具が倒れた際に、ベアリング側に少し折れ込んで干渉しています。
そのため、ベアリングが滑らずハンドルが動かない状態

まずは多少でも動かないと直せんのでグリースをベアリングに注入。
手持ちで「万能グリース」あったので使用。
うん、1年前購入していたがようやく出番が来ました。

少しハンドルが動くようになって干渉している金具をニッパーでカットします。
動くようになったので、
あとは尖ってるところをペンチでちょいと曲げて応急修理完了。

うん、丸い金具が部分的に開いてる箇所があるがよしとする。
その後、走行も問題なし。
ペダル付きにステップアップするまで頑張って。

スポンサーリンク
楽天モバイル
楽天モバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天モバイル