ドコモ新プランでMNPを決意②『ガラケーこれが私の選ぶ道?』

ドコモ新プランでは『ギガホ』『ギガライト』が目立つけど、実はガラケーのプラン内容が変更されています。
【関連記事】ドコモ新プランに絶望、MNPを決意①ドコモ解約する前にやっておくこと。まずはSIMロック解除しておこうか
https://takami208.net/2019/05/02/docomo-mnp/

ケータイプランも内容大きく変わっているので注意

現行プラン(2019年5月末受付終了)
カケホーダイライトプラン(ケータイ)1,200円+SP300円+ベーシックパックデータ1GB 2,900円
合計4,400円
うん、これではスマホが使えます。ガラケー使う意味ないね。

まあ電話とSMSのみならSPモードとデータパックを解除すれば1,200円
ふむん、よいのでは?
ガラケー本体の月々割引が絡むのでSPモードつけて1,500円
値段はお得だが、LINEが使えないなら結果スマホとの2台持ち、微妙だ。

新プラン (2019年6月から)
「ケータイプラン」1,200円+5分通話無料オプション700円
合計金額1,900円と値上げだが、LINEが使えるので割安感あり


気になる通信速度100MB超えると128kbps わー、むかしのPHSデータ通信カードのH”かよ(懐かしすぎる)
モバイル通信を全く使わない場合においては、新プランより旧プランが安い
通話のみガラケーが必要な人は現行プランで5月末までに契約が良い。

しかし、久々のドコモガラケー 新製品 2019年5月発売
「AQUOS ケータイ SH-02L」
この機種はLINE対応してない残念仕様(ドコモ使えね-)

旧プラン通話のみでOKならカケホーダイライトプラン(ケータイ)1,200円で月々サポートが適用される。
携帯電話本体の月々割が廃止され、他に購入補助プランが出ない場合は現行プランで5月末までに申込むのもあり。
それにしても、ガラケーだとドコモ長期利用の割引はカケラもない(笑)
2年定期契約での更新ポイント3,000円だが、フリーコースにして解除料なしにしたほうが他キャリアの案件に飛び乗れるので、フリーコースでガラケーを使うのはあり。

ドコモの料金シュミレーション
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/

新プランと現行プラン(2019年5月末)それぞれでシュミレーションできるので便利です。

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/

ドコモは今回の新プランでの4割値下げとアピールしているが、モデルケースは家族で3回線以上ドコモ利用の場合で表記しており、ドコモ光を使用しての割引も含めることになる。

単身でデータ通信数GBで済む利用者にとっては今回の新プランは魅力なし。
長期利用の割引もなくなっているしドコモ使うメリットが少なすぎ。

まあ毎月のデータ利用が10G越えて、自宅に固定回線ナシでデータ30GB使いたい人にとっては検討の余地はある。
それでも1人利用『ギガホ』6,980円+5分通話無料オプション700円 合計7,680円(税別)
1GB当り約256円とデータ単価は得だが、データ利用少ない人には高額過ぎる

■長期利用のメリットは、利用者の誕生月にdポイント進呈

まあポイントで太客優遇はわかるが、長期ユーザーももう少し優遇してほしいね

現行プランは月額600円、800円割引あったので、実質減額である。

 1stステージ500ptに比べ、15年以上利用のプラチナステージ3000pt
2500pt多く還元されるが、一ヶ月当り208円の割引(泣)
ガラケー通話のみ利用なら月額2,000円なので10%引き1,800円となりいい感じに思えるが、スマホを利用した場合は月額5,000円では4%引き。

なんか、いろいろドコモを使うメリットを探すこと自体が手間に思えてくるね。

長期利用のメリットも激減

いよいよMNP検討だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。